相続 遺産分割 遺言書 内容証明 公正証書 各種契約書 会社設立 起業・独立 指名願い 家系図 許認可申請 クーリングオフ 離婚協議 法律相談

遺留分とは

遺留分について

  • 遺留分とは
    民法が相続人に保証している一定割合の財産です。
    相続される人(被相続人)は、原則として、自由に遺言することができます。
    しかし、全財産を愛人に譲るとか、ある一人の子供のみ譲るという遺言をすると、残された家族は生活に困るということになります。
    そこで、最低限度の相続財産を遺族に保証しています。これが遺留分です。
    「遺留分」に違反した贈与や遺言であっても、それは当然に無効にはならず有効なのです、遺留分は、当然に貰えるものではなく、遺留分減殺請求をしないといけません。
  • 兄弟姉妹には、遺留分はない
    遺留分は、子供、配偶者、親にはありますが、兄弟にはありません。
    遺留分は下記の表の通りです。複数の相続人がいる場合には、法定相続分で割って計算します。遺留分は、法定相続分の半分になります。
  • 遺留分減殺請求権は、相続の開始又は贈与・遺贈があったことを知った日から1年で時効になります。

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional