相続 遺産分割 遺言書 内容証明 公正証書 各種契約書 会社設立 起業・独立 指名願い 家系図 許認可申請 クーリングオフ 離婚協議 法律相談

戸籍制度

戸籍制度

戸籍とは

  • 「日本国民についての身分関係を公証するもの」です。
    •  日本国民について出生、親子関係(父母は誰か、続柄)、養親子関係、婚姻・離婚、死亡など,また兄弟姉妹などの親族関係など身分関係を証明する公的な制度です。
    •  戸籍事務は地方自治法に定める法定受託事務として、本籍地の市区町村長が管掌します(戸籍法第一条)。
    •  明治民法下の戸籍は、戸主を基本とし、一戸毎に編成されたが、現在の戸籍簿は、一組の夫婦を中心に編成されています。
    •  戸籍簿の記載は原則として、届出に基づいてなされます。
    •  戸籍は日本人の身分を登録・証明するもので、住民票は住んでいるところを登録・証明するものです。

戸籍に関する用語

  • 本籍とは
    • 人の戸籍上の所在場所です。住所とは無関係に、全国市区町村の何処にでも定めることができます。
      本籍はいつでも自由に変更することができます。これを転籍といいます。しかし転籍の事実は、戸籍事項欄に記載され、転籍する前の戸籍をたどることができるようになっています。
  • 筆頭者とは
    • それぞれの戸籍の最初に記載されている人をいいます。戸籍を表示するための見出しで、本籍と筆頭者で戸籍を特定します。筆頭者であるからといって、民法上の権利義務に何の違いもありません。筆頭者が死亡しても、戸籍の筆頭者の記載は変わりません。
  • 除籍とは
    • 戸籍に記載されている者が、死亡・婚姻・離婚・養子縁組等で、新戸籍が編成され、又は他の戸籍に入ることになったときは、その者は必ず従前の戸籍から除籍されます。
      昔は家督相続により戸籍が抹消され、除籍となるケースもありました。
      また転籍(戸籍の所在場所である本籍を移転すること。移転先は、日本の領土内であればどこに定めてもよい。)すると全員が他の本籍地に新たな戸籍を作成するので、従前の戸籍は除籍になります。
  • 一つの戸籍内の全員が除かれた場合には、これを戸籍簿から取り除いて、年ごとに別冊として保存します。この帳簿を除籍簿といいます。
    • 除籍簿は、当該年度の翌年から 80年が保存期間 とされています。
      (平成22年6月1日戸籍法施行規則の改正により150年に伸長されました。)     
  • 改製原戸籍(かいせいげんこせき、又は、はらこせき)
    戸籍の様式や編成基準は、法令等の改正により変更されることがあります。このような場合には、従前の戸籍を新しい様式や編成基準に合うように書き換えをすることになります。これを戸籍の改製といい、この改製によって除かれた従前の戸籍を、改製原戸籍といいます。
    • 改製によって、戸籍は新しく作り変えられます。その為、改製の時点で婚姻や死亡により戸籍にいない人(除籍者)は、 改製後の新しい戸籍には記録されません。つまり、改製の前後関係により、たとえ兄弟であっても同じ戸籍にいるとは限りません。多くの場合、親の戸籍を取れば兄弟姉妹全員が記録されていますが、この例の様に必ず記録されているとは限りません。改製以外にも、 養子縁組や本籍の変更などで戸籍を新しくした場合には同じ事が起こります。
    • 改製原戸籍の保存期間は戸籍の種類によって50年間または80年間です。
  • 戸籍謄本
    戸籍の記載の全部を原本と同一の様式によって転写したものを戸籍謄本
     コンピュータ化後のものは「全部事項証明書」と呼ばれる。
  • 戸籍抄本
    戸籍の記載の一部を請求により、抜粋して転写したものを戸籍抄本といいます
     コンピュータ化後のものは「一部(個人)事項証明書」と呼ばれる。
  • 戸籍の附票とは
    • 戸籍が編製されてから(またはその戸籍に入籍してから) 現在に至るまで(またはその戸籍から除籍されるまで)の在籍者の住所の変遷が記録されています。
      戸籍簿とセットで本籍地の市区町村で管理しています。
      戸籍自体が全員除籍になると、戸籍の附票も除票となり、附票の除票の写しは、除票になってから5年間発行されます。

旧民法に関する用語

  • 戸主
    • 旧民法で、家の統率者。戸主権を有し、家族を統括し扶養する義務を負う。1947年現行民法の公布により廃止された。
  • 隠居(いんきょ)
    • 旧民法で生きている内に家督を譲ることをいう。
      日本の民法上の制度としての隠居は、戸主が生前に家督を相続人へ譲ることを指しましたが、日本国憲法の施行(1947年5月3日)と同時に、戸主制の廃止と共に隠居の制度は廃止された。
  • 家督相続(かとくそうぞく)
    • 旧民法で戸主が死亡・隠居などの理由で戸主権を失った場合、家督相続人が戸主の身分及び家の財産を相続すること。直系卑属の中から一人の相続人(主に長男)が選ばれた。
      家督相続とは、旧民法における「家」制度の下での相続です。家督相続では一人の家督相続人が、前戸主の一身に専属するものを除いて、前戸主に属する一切の権利義務を包括的に承継するものです。したがって相続登記に必要な戸籍等も、家督相続事項の記載のある家督相続後の戸籍で足ります。また、相続の原因も現行民法と違い、死亡に限らず隠居等の生前相続もありました。
  • 廃嫡(はいちゃく)
    • 旧民法で、被相続人の意志に基づいて推定相続人の家督相続権をなくすこと。
  • 分家
    • 家族の一員がその属する家から離れて新しく所帯をかまえること。また、その家を表す。旧民法では本家に従うものとされたが、現在は本家・分家に法律的な意味はない。

戸籍の変遷

 国民の登録制度は古い時代からありましたが、わが国で初めて戸籍が作成されたのは、明治5年に作られた「壬申戸籍」(じんしんこせき)と呼ばれるものです。この壬申戸籍は、当時の身分の記載が差別につながるとして、昭和44年以降破棄され現在では除籍謄本等を申請することはできません。

  • 明治19年式戸籍(明治19年10月16日から明治31年7月15日)
     家単位に、戸主を中心としてその直系・傍系の親族を1つの戸籍に記載
  • 明治31年式戸籍(明治31年7月16日から大正3年12月31日)
     新たに「戸主ト偽リタル原因及ヒ年月日」の欄が設けられました
  • 大正4年式戸籍(大正4年1月1日から昭和22年12月31日)ただし、昭和23年1月1日以降直ちに新様式に改正できなかったため改正戸籍は昭和33年4月1日以降になる。
     「戸主ト偽リタル原因及ヒ年月日」の欄が廃止され、その事項を戸主の事項に記載する
  • 現行戸籍(昭和23年1月1日から現在)
      家の単位から夫婦親子の単位に変更
    • 平成6年に「戸籍法」が改正され、戸籍をコンピューターにより処理できるようになりました。電算化されると、縦書きだった戸籍謄本は横書きになります。ただ、法律で電算化を強制しているわけではないので、電算化している市区町村は、平成21年3月で8割程度になっています。

a:9581 t:1 y:3

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional