相続 遺産分割 遺言書 内容証明 公正証書 各種契約書 会社設立 起業・独立 指名願い 家系図 許認可申請 クーリングオフ 離婚協議 法律相談

公正証書とは

公正証書とは

  • 公証役場において、法務大臣が任命する公証人(裁判官、検察官、法務局長、弁護士などを長年つとめた人から選ばれる。)の立会いで公証人法・民法等の法律に従って作成する遺言、契約書、和解調書などの公文書です。

次のようにあとあとのトラブルを避けるいろいろな効用がありますので重要な契約や遺言は、安全確実な公正証書にしておくことをお勧めします。

  • 極めて強力な証拠力・拘束力を持ち、裁判になっても立証の苦労が少なくなります。
  • 原本が、公証役場に保存されますから、紛失・偽造・変造などの心配がありません。
  • 公正証書に強制執行ができる旨の条項(強制執行認諾約款)を入れることにより、相手方が金銭債務を履行しないときは、訴訟を起こさなくても、不動産・動産・給料などの財産を差し押さえる強制執行ができ、債権を取り立てる事ができます。
  • 法律で事業用借地権設定の契約書、任意後見契約の契約書などは、公正証書でないと、契約の効力が認められていません。

公証人の手数料はこちらをご覧下さい

公証役場一覧

a:4183 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional